Kazuhiro Hayasaka

Member
image for $name
National Institute of Information and Communications Technology Research Manager

大学院修了後の1990年からイオントラップによる光時計、量子情報の実験的研究に従事。これまでに、単一イオンと光共振器の結合、単一イオンからの単一光子の生成、カルシウムイオン光時計、インジウムイオン光時計、単一イオン生成単一光子の光通信波長帯への量子波長変換等の世界に先駆けた実証研究に貢献。量子インターネットタスクフォースへの参加で、イオントラップ量子コンピュータのネットワーク、イオン光時計の量子ネットワーク実現に挑む。